総量規制でもお金を借りれる場合と場所とは

総量規制でもお金を借りれる場合と場所とは

「総量規制」という言葉。そして制度を覚えておきましょう。特に、何かと物入りになる時の「キャッシング」を利用したい方には常識になっています。

 

総量規制とは、貸金業規正法の改正によって、原則的に年収の三分の一までしか借りられないことです。

 

改正法が施行された際に「主婦は収入がないから借りられない!」と話題・疑問になりましたが、働き手であるご主人が定職に就いていれば借りれるのです。アルバイトでもパートでも借りられます。

 

では、本当に「誰でも借りれる?」かといえば、総量規制で定めている以上の例はあくまで「原則」でしかありません。当然「例外」もあります。

 

例えば、個人事業主は対象外なのです。

 

では、どこかでお金を借りられないかと考えると、総量規制の適用をそもそも受けていないのが「銀行」です。銀行は、個人にもお金を貸すことが可能な強みを活かして顧客を増やそうと様々なサービスを行なっています。

 

そして、銀行からは年収の三分の一以上も、お金を借りることができますから、「ご相談は銀行窓口へ」といった案内が多くなってきているのです。

 

基本、銀行に口座を持っていて、金銭のやり取り(履歴)があれば、それが証明証のようなものですから、キャッシング(お金の借り入れ)は可能です。

 

とはいえ、銀行は名前もあり、母体が大きいです。必ず計画的な利用をしていかないと、社会的な信用に繋がりますので、心構えは必要かもしれませんね。

 

このように、総量規制であっても、お金が借りられないわけではありません。借り手にも、顧客にも、損をしない平等な働きかけができる制度です。上手につかっていきたいですね。